性格を変えたい!

自分の性格を変えたい!という人はたくさんいると思います。
どういう風に変えたいのか?は人それぞれだと思いますが、陽気すぎるので変えたいって人は少ないのではないでしょうか?
どちらかといえば、引っ込み思案、決断力不足、行動力不足など、マイナスっぽい要素を抱えた人が「性格を変えたいな」と思うことが多いはず。
マイナスっぽいと言いましたが、考えようによっては、慎重、熟考、計画的、無茶しない、などプラスに考える事もできます。
アウトドアでたくさんの友人と遊ぶような性格が良いってわけでもないのです。
ただ、自分自身がその性格を肯定できるか?という事が問題になってきます。
「私はインドア派です」「私は人見知りです」と自分の性格を堂々と言えるようになるだけで、自然と引っ込み思案じゃなくなったりすることもあります。
あがり症に関しても本人が気にしすぎるからであって、人前や初対面であがらない人の方がおかしいとさえ思えます。
対人恐怖症というのは日本人特有のものだそうです。
海外でもTaijin kyofusho symptomsと呼ばれます。

パーソナリティ障害とは

非難を恐れて行動できない。好かれていると確信できる相手としか交流できない。
失敗して恥をかくのを恐れて新しい事ができない。人の意見に異常に合わせてしまう。
完璧を求めて何事にも時間がかかりすぎる。当てはまる人いませんか?

パーソナリティ障害とは を読む

ドーパミンとは

何かを達成した時や、人から褒められたとき、などに出るようです。 これによって、もっとがんばりたい!という気持ちの高揚や、やる気、記憶力、集中力もアップするとか。
やっぱり褒められたり、評価される、結果がでる事には、益々やる気がでるでしょ?

ドーパミンとは を読む

セロトニンとは

常にイライラしたり、焦りの気持ちが強いなどの時はセロトニン不足かもしれません。
確かに急いでしなければならない仕事があるときに、のんびりしている場合ではないかもしれませんが、心が焦るばかりでは作業もはかどらないですよね?

セロトニンとは を読む

ノルアドレナリンとは

危険やストレスを感じると、攻撃か逃げるかの判断を即座にする必要があります。
ノルアドレナリンは脳を覚醒させるので、意欲的になったり、集中力が上がったりします。
不足すると意欲が下がり、無気力、無関心、うつ病などにつながります。

ノルアドレナリンとは を読む

性格を変えるには

気持ちの問題は気合いと根性などで解決するのは難しいものです。
何かをしなければいけないと考え焦るよりも前に、自分という人間の脳と体のコンディションを最良に保つ方法を見つけ実践していくのが大事ではないでしょうか?

性格を変えるには を読む

性格は変えられない

性格には生まれもった部分もあるのかもしれません。
性格はDNAで決まっているという人もいます。
ドーパミンやセロトニンといった脳内伝達物質の分泌の仕方がDNAで決まっているという話です。

性格は変えられない を読む

テストステロン

テストストロンは男性ホルモンの一種ですが、冒険心、闘争心、行動力、やる気、集中力などに影響があると言われています。
ちょっとした事にも恐怖心を感じ、なかなか行動に移せない人は、テストステロンの低下や元々の分泌量が少ないのかもしれません。

テストステロン を読む

食原性低血糖症

いつも体がだるい、前向きに気持になれない、頑張って何かをしようと思ってもやる気がおきない・・・。
そういう事が続くと、「私はダメな人間なのでは?」 と思ってしまいます。
それは、低血糖症かもしれません。

食原性低血糖症 を読む


▲ ページトップに戻る
性格変える