ドーパミンとは

性格 変える

ドーパミンとは

「ドーパミン」これは脳の快楽物質です。

何かを達成した時や、人から褒められたとき、などに出るようです。
これによって、もっとがんばりたい!という気持ちの高揚や、やる気、記憶力、集中力もアップするとか。

ドーパミンを増やす方法としては、意外と単純で、人から褒められる、楽しい映画を見る、感動するなど。
新しい事を始めるのもいいようですが、なかなか始められない人は、いつもと違う道を通る、違う店に入ってみる、などでもいいようです。

人から褒めてもらうのは難しいというか、お願いするわけにもいかないので、自分で小さな目標を立ててクリアしていく、クリアした自分にご褒美をあげる。
というサイクルが作れればいいのですが、これも設定するのは難しいですね。

とりあえず、自分でワクワクすることを探して実践する。
簡単な事から、人に会うのは嫌なら自分一人で楽しめる事を見つけるところから。

歩く事も効果があるらしいです。
軽いウォーキングなどは一人でも簡単に始められるし、いいんじゃないでしょうか?

それも難しいときは、ドーパミンを高める食べ物を食べる。
大豆、豆腐、麩、バナナ、乳製品、チーズ、たらこ、ナッツ類、たけのこ、かつお節など

あと「よく眠る」これはやっぱり基本です。

セロトニンとは


▲ ページトップに戻る
性格変える